小糸川の川船
資料番号1923
分類項目小糸川倶楽部
タイトル小糸川の川船
摘要
川舟に関するはなしをあれこれ、拾い集めた。
説明
小糸川で、上代から舟が活用されてきたか否か、全く推測の域を出ない。が、江戸・明治・大正の時代、川舟による水運が盛んであったことは確かである。
小糸川は二級河川である。川幅は狭く、水量も乏しい。そのうえ、河岸段丘の谷底をえぐるように流れている。この川に荷を積んだ川舟が支障なく通れるよう工夫を施した先人の知恵と困苦が偲ばれる。と同時に、大都市江戸との交流も頻繁であり、江戸文化の流入も想像される。
年月日2008年
年代平成
出典小糸川倶楽部
サイズ7,567 KB
ダウンロード  
きみつアーカイブス
[表示域拡大]