暴れ川の歴史(平成17年度記録集 第Ⅰ編)
資料番号1624
分類項目小糸川倶楽部
タイトル暴れ川の歴史(平成17年度記録集 第Ⅰ編)
摘要
第一期(1300年以前)奈良時代より以前は、現在支流である江川が一部小糸川の本流であり、河口は富 津の州の南下方から東京湾に注いでいた。
説明
小糸川は、その全流域が君津市にあって、流路総延長は約80km、流域面積は148.7平方kmに及ぶ房総第三位の川で(1位小櫃川、2位養老川)、灌漑用 水並びに工業用水水源として重要な役割を果たしている二級河川である。
年月日2005年
年代平成
出典小糸川倶楽部
サイズ3,266 KB
ダウンロード  
きみつアーカイブス
[表示域拡大]